Just Do It !!

拳で語るポケットモンスター。ORAS終盤からポケモン辞めていましたが、7世代から再び始めたのでブログ新調しました。対戦自体はHGSS、BW、BW2、XY、ORAS、SMです。マンムーが大好き。Twitter:athrun_xxx

チョッキ霊獣ボルトロス

f:id:athrun_poke:20170130191539p:image

 ぼ く の か ん が え た 、じ ま ん の

さ い き ょ う の ぼ る と ろ す !

 

霊獣ボルトロス 控え目
175(164)-x-102(92)-184(20)-102(12)-149(220)

H-B:A200不一致ストーンエッジ耐え上1つ切り、A177メガガルーラ捨て身耐え

C:

145-95カプコケコ 乱1 87.5%(142〜168)
145-135カプテテフにヘドウェが67.5%〜80%
175-135カプテテフにヘドウェが56%〜
66.2%
(ヘドロウェーブのダメージ量で相手のカプテテフのSを伸ばしているか否かが判断できる)

 

S:準速ミミッキュ抜き
D:
テテフの持ち物判断
サイコフィールド下
C200 サイキネ 100〜118
C182 サイキネ 91〜108
(=91〜99の間で入ったらC182になる)

 

相手がスカーフテテフだった場合に性格を判別できる+カプ系全員に強いヘドロウェーブボルト

 

ヘドウェが警戒されなさすぎて普通にブルルと投げられるしコケコに後出しが効くから割と好き

 

B=Dだけどどうせ勝てないし裏のテテフでぶっ飛ばすので問題ないさ〜

(追記1:構築上の問題とボルチェン非搭載の為ミミッキュの上を取る必要がないと判断し、最速ギャラ抜きまで抑え、残りをCに振った)

(追記2:霊獣ボルトロスは"ヘドロウェーブを持っている可能性がある"という共通認識が浸透してきた為、ケアされる行動が増えてきた為、ブルル対面は1サイクル目は引いて2サイクル目に無警戒の状態で狩る)

 

勝ちとは

よく『こんなやつに負けたくない』とか『○○対面で○○してくる相手に負けて虚無』とかいう人いるけど、まぁ気持ちは分かるとしてうーんって感じ

 

そりゃ負けを認めたくないのは分かるけどこういう勝ち負けがハッキリしているゲームにとって"負け"は"負け"だし"勝ち"は"勝ち"

 

強い奴が勝つんじゃなくて勝った奴が強い

 

○○ガン無視選出に負けたとか言ってもその試合は相手の"勝ち"

でもその相手は、そんな不安定な選出してたら長期的な目で見ると、勝ちを積み上げるのは難しいでしょう

 

釣り交換とか交代読みの技とかをその場の気分でやっている人は極悪だけど勝てないと思う 

けどそれにたまたま負けたとしたらそれは"負け"

FPSでもよく文句垂れる奴がいるんすよ、『あの雑魚に撃ち負けた』とか。

いや、撃ち負けるお前もっと雑魚やんってなりますよねぇ

 

 

B'zファンクラブメンバーによるB'z好きな曲ランク

最近何のアーティスト好きなの?みたいな会話になる時にB'zって言っても『あ〜イチブトゼンブ好きだよ』とか『ultra soulね〜』とかで終わってかなり辛いのでこの記事読んだ人に是非とも聴いて欲しい曲を綴ります。

 

ボーカルの稲葉さんほど男前で学歴も良くルーティーンもかっこよく、ロックが似合う人はいない・・・しかもそろそろ30周年、お二人とも50台半ば・・・、あんなおじさまになっていたいですね。

ギターの松本さんはグラミー賞を受賞してますし、Mステの最初のBGMを作った張本人でもあります。

 

それでは何百とある曲からトップ10を!

第10位 ZERO

LIVEの時の入りがカッコよすぎる…

 

第9位 FRICTION-LAP 2-

数少ない元からの全英歌詞。ロックすぎます。稲葉さんも松本さんも英語がペラペラなのにまた尊敬です。アメリカでのLIVEでは歌詞を全部英語に替えて歌っている所がまた痺れます。

 

第8位 熱き鼓動の果て

入りもカッコいいしテンポアップする中盤もカッコいいです。声量に圧巻される、の一言です。

 

第7位 アクアブルー 

The 夏 。間奏の松本さんのギターがヤバいです。もう全部ヤバいです。アクアブルーって何色?

 

第6位 スイマーよ!! 

荒波に揉まれても泳ぎ続けるスイマー、その様の曲です。LIVE-GYM2013だったかな、その時のこの曲が最強にカッコ良かったです。

 

第5位 BLOWIN'

これずっと中学生の時に聴いてました、風なびくこの感じが本当に好きです。

これもLIVEだと更に痺れます。

 

第4位 OCEAN 

これは確か小6の時に海猿の主題歌になっていて更に人気が加速したような気がします。こういう壮大な曲も良いですよね。『新しい旅へと共に出て行こう。胸震わす僕らが見てるのは、どこまでも広がるオーシャン』、歌詞ヤバすぎませんか、、

 

第3位 Oh!Girl

90年代の曲来ました〜。これは昔の曲ってのもあって、久しぶりにLIVEで演奏すると、松本さんが嬉しそうにしているのを見て、私は涙を流しています。

懐かしいメロディが堪らないです。

一途な男の曲です(共感はしない)

 

第2位 HEAT

最高ですね・・・。今年の夏は一回だけだぜ!みたいな当たり前の事を歌っているんですけど、それが逆に心に来ます。

『冷めないで一夏のHEAT、時間はあるようでないから、僕らは止まらないBEAT、夜空高く響く』

また歌詞が………。

時間はあるようでないから、って凄く良い言葉ですよね。4月から社会人なので残りの学生生活は悔いの残らない過ごし方をしたいです。時間はあるようでないから。

 

第1位 Pleasure〜人生の快楽〜

この歌は年度verがかなり多くあってLIVEでよく歌われています。

個人的には2008が好きですね。あの時(ACTION近辺)の稲葉さんはシャウトが凄まじい気がします。

歌詞が凄く染みます。勇気を貰える曲です。

 

 

少しでもB'zってかっこいいと思ってる方、これを機に1曲でもいいから聴いてみてください!!

虜になります!LIVEの映像の方が痺れると思うのでオススメです。フェイクやシャウト、表情やマイクパフォーマンス、稲葉ジャンプや脚の動き方が異常にカッコいいです。

 

では!(ただの自己満記事になってしまった)

 

 

大好きなマンムー

五世代ではマンムー雨、対面構築での襷マンムーとか光の壁/リフレクター/ステロ/吠えるのマンムー使ったりしてましたが、どうも7世代で使う気が起きない・・・・・ 6世代でも使っていなかった。

誤魔化しができるポケモンを好む傾向になってきて一層、マンムーというポケモンが有利不利ハッキリし過ぎ且つ初手で出し勝った場合でも、氷/地面技の択が生まれてしまうのがよろしくないと感じてしまう。

マンムーに出てくるポケモンというのはマンムー側が地割れ以外の技で抗うことができないポケモンが殆どであり、昔ほどの誤魔化しが効かなくなっている。

 

例えマンムーガブ対面になったとしても引かれて終わり、次のサイクルでも安定行動を繰り返してるだけでは自分の首を絞め始め、いくら選出段階では強くても実際では弱くなる事が多いと思う。

 

あのモフモフした可愛いマンムー、構築に入ってこないのは残念です。

決してネガキャンしてる訳でも、マンムーが弱いと言ってる訳でもないんですけど、使いたくない要素のほうが上回ってしまう。

 

自慢の嫁ポケと共に歩むシングルレート〜氷河期の野獣〜 

やりたかったな^〜

【SM】テテフパル【シーズン1】

f:id:athrun_poke:20170113051130p:imagef:id:athrun_poke:20170113051135p:imagef:id:athrun_poke:20170113051142p:imagef:id:athrun_poke:20170113051146p:imagef:id:athrun_poke:20170113051021p:imagef:id:athrun_poke:20170113051206p:image

 

 

自然の怒りZカプ・テテフ+襷パルシェンの勝ち筋をメインに組んだ構築

2000近辺まではサクサク上がったがそこから伸び悩み、大学の事情でシーズン終盤に潜る事が出来なくなった為、メモがてらに記事をあげておきます。採用理由は簡潔に記載する事とします。

テテフパル@4から始め、コケコ→テッカグヤ→ガブリアスメガガルーラとなった。メガガルの枠はマンダの時もありました。

正直、テッカグヤとかいうポケモンがこの世に存在してなかったらパルが止まる相手は全員穏やかガルドで見ていたかもしれない。

 

ガブリアス@拘りスカーフ 意地AS

逆鱗/地震/エッジ/毒突き

採用理由はメガルカリオの上を取りたい、地面枠

 

・ガルーラ@ナイト 意地HAs

ブレクロ/雪崩/地震/身代わり

HD:トレースポリゴン2の冷凍Bに対して身代わりを残せるアレ

D>B

採用理由はメガ枠且つパルシェンが止まる相手に強いポケモンである事

 

カプコケコ@エレキシード 臆病HdS

10万ボルト/マジカルシャイン/瞑想/羽休め

HB:〔B+1〕A200一致地震耐え

S:最速マンダ抜き

 採用理由はスカーフコケコを起点にする事とコケコの後続どちらも薙ぎ倒したかったから

 

カプテテフ@カプZ 臆病HS

サイキネ/10万ボルト/自然の怒り/挑発

 

10万ボルトはカグヤに怒りを当ててから落としにかかるために必要

 採用理由は言うまでもなく、軸。

 

パルシェン@襷 意地AS

氷柱針/ロクブラ/氷の礫/殻を破る

終盤辺りは通らなすぎてこのマンコ弱すぎだろってキレてた

こいつを♂で積もった自分がホモだった

 採用理由はこのポケモンも軸であったため、テテフパル@4からスタート

 

テッカグヤ@食べ残し 臆病HS

火炎放射/宿り木/毒毒/守る

個体値を妥協(妥協という名の厳選ではあるが)してD>Bを実現

ビーストブーストでS上昇

採用理由は浮遊枠且つ鋼、ハメ性能

 

改めて使ってみるとS上昇してもその分耐久が無いため穏やかで使うべきだったと感じたが、そんな時間はない。

 

シーズン2からは時間が取れるため頑張ります。その為超適当記事です。すいません。実数値などは時間があったら載せます。

 

 

 

瞑想カプ・コケコ

f:id:athrun_poke:20170113051916p:image

カプコケコ@エレキシード
175(236)-×-105-115-107(92)-190(180)

H-B:A200ガブリアス地震耐え

D:残り(1積みで特化アシレーヌシンフォニア+アクジェ耐え)

S:最速メガボーマンダ+1

 

 

テテフパル選出の3枠目として採用

 

破ったパルシェンが死に出しコケコと対面した場合に、スカーフをケアして氷の礫を撃って退場した時に相手のカプコケコに勝てるようした

もちろん他の型でも良いが、2タテを狙わないと難しい構築上このような型を採用した

 

こちらのコケコ:相手のスカーフコケコの対面回数が多いのでSは最速である必要性が無いと感じ、瞑想を積んだ後に抜いておきたい最速メガボーマンダを基準にし、残りをDに振ることで気持ち程度のD>Bが実現

気にならない人はBとCにそれぞれ4振りしても良いと思う

 

HP回復系木の実を持たせると瞑想の起点にできる相手が増えるが、ミミッキュ対面でも負けないエレキシードはとても強力でした

 

身代わりが無いのでかなり難しい局面(冷凍B連打による凍り、積み中の急所)もありますが、それなりに使いやすかったです

 

ポリゴン2が多すぎたシーズン1だったので毒羽根にしたい場面もありましたね・・・

 

ポリゴン2というポケモン

"パルシェンで破って勝つ"という強い勝ち筋から始めた構築を使っていると日々相手のポリゴン2が脅威に感じる

 

ダウンロードポリゴン2を意識してD>B身代わりを刺しても恩返しが飛んできたりするし、3ウェポンポリゴン2が判明したからといって瞑想カプ・コケコで起点にしても"凍り"という相手の最強の勝ち筋がある以上、全てを意識して選出をしないといけないのが難しい

 

とはいえシーズン1の環境上(イカサマがないのが1番大きいが)、身代わりが1番効果的なのかもしれない・・・・

 

簡単に纏めると命中100技のあるガルーラを返してくださいゲームフリークさん・・・・・